慰謝料が取れるケースで一般的なのは、浮気・不倫をした場合です。しかし、慰謝料の金額については、とくに定められてはいないようです。ちなみに、浮気はしたけど離婚しない場合は、慰謝料の金額が低くなるということです。離婚は精神的な苦痛が大きいから、高額の慰謝料が取れるということなのでしょう。

慰謝料結婚していた期間が長い場合や浮気されていた期間が長い場合なども、慰謝料の金額は高くなるようです。精神的な苦痛が長期間に亘った場合も、慰謝料は高くなります。浮気・不倫をしたという事実だけでなく、期間についても考慮されて慰謝料の金額が決まります。子供がいる場合なども、子供がいない夫婦に比べると、慰謝料の金額が違ってきます。子供についても、精神的な苦痛が考慮されます。また、子供が多い場合は、精神的な苦痛も広がるということになり、慰謝料は高額になります。

慰謝料は、浮気相手に対しても請求することができます。夫が浮気した場合などは、夫と愛人の両方に対して慰謝料請求が可能です。これもまた、浮気の年月が関係してきます。浮気の年数が長ければ、それだけ慰謝料は高額になるでしょう。ダブル不倫の場合などは、両方が浮気をしたということで相殺になることもあるようです。

Pocket